牡蠣サプリは髪によい?育毛効果があるってホント?

f:id:demeter111414:20180402115342j:plain

 

牡蠣サプリは、脂肪肝など肝臓に不安がある方に注目されているサプリメントですが、髪の毛が心配な方にも人気があります。

 


牡蠣サプリのどんな栄養が、育毛に良いのでしょうか?

 


牡蠣サプリの亜鉛は髪の毛の成長に必要!


牡蠣サプリでとれる、いちばんメインの栄養は亜鉛。

 


亜鉛は体内に2gしか存在しない微量ミネラルですが、非常に多くの働きをしています。

 


そのなかで育毛に直接関係する働きは、

  • タンパク質の分解・合成
  • 細胞分裂

でしょう。

 


髪の毛はタンパク質でできている!


髪の毛の主成分はケラチンといって、爪などと同じです。

 


ケラチンはタンパク質の一種です。

 


食事から摂った肉や魚などのタンパク質がアミノ酸に分解されて、アミノ酸が私たちの体のタンパク質へと合成されているのです。

 


タンパク質を分解したり合成したりするときには、酵素が働きますが、この酵素には亜鉛が必要なのです。

 


髪の毛は細胞のかたまり!


髪の毛が伸びるのは、毛根で細胞が増殖しているからです。

 


毛根で分裂して生まれた細胞が、硬くなりながら、外へ外へと押し出されているのです。

 


細胞分裂をするときには、細胞核が遺伝子をコピーして分裂することから始まります。

 


亜鉛は遺伝子のコピーなど細胞分裂をするときにも不可欠です。

 


そのため亜鉛が不足すると正常に細胞が増殖できなくなります。

 


育毛に必要な栄養は亜鉛だけ?


髪の毛の成分はタンパク質ですので、亜鉛だけをとっても育毛効果は見込めません。

 


けれども、さまざまな栄養素の中で、とくに中高年が不足しやすいのが亜鉛なのです。

 


亜鉛が不足しやすい理由


亜鉛は、もともと吸収率が低いミネラルなのですが、年齢を重ねることで、栄養全般の吸収率が落ちていきます。

 


そして、亜鉛は体内で活躍の場が広く、免疫・生殖・消化吸収・解毒などあらゆる場面で必要とされます。

 


飲酒、肉体疲労、ストレスなどでも余分に消費されるため、社会や家庭での活動の場が広がる中年期は消費量も多くなります。

 


その反面、忙しさから食生活が乱れがちになることも。

 


また、昔に比べ、野菜などの食品中に含まれる栄養素も少なくなっています。

 


そうしたことから気づいていないけど実は亜鉛不足になっているかたはかなり多く、日本人の3人に1人は不足しているといわれています。

 


牡蠣サプリが髪の毛に良い理由


亜鉛を補給するだけなら牡蠣サプリでなく亜鉛サプリでもよさそうですが、牡蠣サプリのほうがよいこともあります。

 


牡蠣サプリはアミノ酸もとれる


牡蠣は高タンパク低脂肪の食材です。

 


ヒトの必須アミノ酸すべてと非必須アミノ酸のほとんどを含んでいます。

 


タンパク質はアミノ酸の集合体ですので、わずかしか必要ない種類のアミノ酸でも、欠けていると、タンパク質が作れません。

 


アミノ酸も補給できる牡蠣サプリは、髪の素材もカバーしてくれている可能性があります。

 


亜鉛以外のミネラルもとれる


亜鉛だけを突出して摂ると、銅が不足したり、鉄分の吸収が妨げられたりと、他の栄養素とのバランスが悪くなることがあります。

 


牡蠣サプリは、不足しがちな亜鉛が多いものの、鉄や銅をはじめ、多種類のミネラルも摂取できます。

 


そのため亜鉛だけを突出してとることを防ぐことができます。

 


ビタミンB群もとれる


牡蠣にはビタミンB群も含まれています。

 


ビタミンB群も亜鉛とともに、育毛に役立つ栄養です。

 


ミネラルと同じようにビタミンも私たちの体内で作れないもの。

 


食べ物から摂取する必要があります。

 


育毛のためによい生活習慣


の毛を育てるために大切なことは栄養だけでなく、睡眠と洗髪も大事です。

 

 

睡眠


睡眠不足はお肌の大敵ですが、髪にも大敵です。

 


とくに夜10時から午前2時までは成長ホルモンが活発に分泌される時間帯。

 


この時間帯はなるべく睡眠をとるようにしたいものです。

 

 

洗髪


また、育毛では洗髪も重要です。

 


高額な育毛シャンプーを購入する前に、悪い洗い方をしていないかチェックしましょう。

 


爪を立ててゴシゴシする


これはいちばんのNG習慣!


頭皮を傷つけてしまいます。

 

爪が当たらないよう、指の腹でマッサージするように洗います。

 

苦手な方はシャンプーブラシを使うといいですね。


でも、こすりすぎは厳禁。


頭皮は体よりも皮膚が薄いんですよ!

 


シャンプー液を頭皮につける


液を直接、頭皮にかけると頭皮トラブルの元!


シャンプーは手のひらで泡立ててから髪の毛につけます。

 


トリートメントなどを頭皮につける


リンスやトートメントは髪の毛を保護するためのもの。


頭皮に塗ると毛穴詰まりの原因に。


髪の根元にはリンスやトリートメントはつけないようにし、すすぎもしっかり行います。

 


洗いすぎ


頭皮や毛穴を清潔にしたいあまり、朝も夜もシャンプーするのはNG。


洗いすぎも頭皮や毛根を傷める原因になります。

 


人間の体には自浄作用があり、皮膚には常在菌がいます。


健康な状態では善玉菌が悪玉菌より多いのです。


ところが、洗いすぎると善玉菌が少なくなって、悪玉菌の温床に。


清潔にしているつもりが、かえって残念な結果になりかねません。


シャンプーを使うのは、一日おきくらいのほうが本当はいいんですよ。