牡蠣サプリにはプリン体が含まれてる?痛風の人が飲んでも大丈夫?

f:id:demeter111414:20180402063855j:plain

 

 

牡蠣サプリはプリン体が多いため

  • 痛風の人
  • 尿酸値が高い人

は飲まないほうがよいという意見があります。

 

今回は、この件について考察してみようと思います。

 


痛風とプリン体に関する間違った知識


痛風の人は、プリン体が多い食品を避けたほうがよい、ととくいわれます。


そして、プリン体が多い食品は、

  • ビールをはじめとした醸造酒
  • 海老・カニなどの甲殻類

などの食品に多く、昔は、肉やワインを毎日大量に食することができる身分の人に多い病気だったため、贅沢病といわれていました。


そして、今でも、

  • 高タンパク・高脂質の食事が痛風の原因
  • プリン体の多い食べ物をとると尿酸値が上がる

といった誤解を招いています。


そして、牡蠣は比較的プリン体が多い食品。


そのため痛風の人、尿酸値が心配な人は、牡蠣サプリをとらないほうがいいという意見もあります。

 


プリン体の8割は体内で作られる!


痛風の原因は、体内に尿酸が異常に増加するためです。


ですが、このプリン体、べつに悪者ではありません。


プリン体は、アデニンやグアニンといった細胞の核の中の成分なので、すべての生命体の中に含まれています。


当然ながら、私たちの体の中にも大量に含まれています。


そして、細胞の新陳代謝がおこなわれるときに排出されます。


古い細胞が壊されるとき、細胞核も壊れ、放出されるのです。


そして、健康な人の場合は、不要なプリン体は、肝臓で処理され、腎臓を経由して尿として体外にでていきます。


けれども、尿酸値が高くなっている人、高尿酸血症の人は、この処理がスムーズにいかず、血液中に尿酸がたまってしまっているのです。

 


高尿酸血症は肝臓が弱るのが原因?


実は高尿酸血症の大半を占める一次性高尿酸血症については、原因はまだわかっていません。


さまざまな経験的な知識から、偏食や大量飲酒、過度な運動、遺伝、ストレスなどが原因と考えられているのです。


肝臓は、アルコール分解など体内に入ってきたものを無毒化し、肉や魚などタンパク質を分解する酵素をつくり、疲労物質を分解したりと、粛々と生命維持のために働いています。


そのため、食事の偏り、大量飲酒、精神的な疲労や肉体的な疲れは、すべて肝臓を酷使します。

 


プリン体が多い食べ物が痛風に悪いわけではない!


プリン体自体は、細胞の中の核酸をつくっている物質ですので、悪いものではありません。


プリン体は筋肉を使うときのエネルギー伝達物質の材料にもなっているため、むしろ必要なものなのです。


プリン体がとくに多い食品は、干ししいたけ、煮干しなどです。


生シイタケはさほどではありませんが、天日干しにすることでうまみも増し、プリン体も大量になります。

 


しかし、シイタケは健康食材の一つ。


実際、シイタケをたくさん食べて痛風になったという話は聞きません。


プリン体が多いものを食べる→尿酸が増える


というわけではなく、尿酸値を上げる方向に働く食べ物、尿酸値を下げる方向に働く食べ物を意識したほうがよいでしょう。