牡蠣サプリは糖尿病にいい?血糖値は改善する?

 

f:id:demeter111414:20180603151228p:plain

 

こんにちは。


久しぶりの記事更新になりました。


今日は、牡蠣サプリと血糖値、糖尿病の関係についてまとめます。

 


肝臓にいいということで、お酒を飲むかたに人気のある牡蠣サプリですが、血糖値が気になる方にも注目されているんですよ。

 


亜鉛インスリンのお助けマン!?


食事でとった糖質は、消化分解されてブドウ糖になって、血液に入って、全身に届けられます。


このブドウ糖が血糖ですね。

 
インスリンは、全身の細胞に、血糖を吸収させる働きをします。

 

 

えつ!肝臓がインスリンを分解する!?


インスリンは、膵臓(すいぞう)で分泌されますが、膵臓から直接、全身に送られるわけではありません。

 

いったん肝臓に分泌され、肝臓経由で全身に送られます。

 

そして、なんということか、肝臓で、インスリンの一部が分解されてしまいます。

 

 

亜鉛があれば大丈夫…?


けれど、健康な人の場合、この膵臓から肝臓へのインスリン分泌のときに、亜鉛タンパク質も一緒に分泌されるのです。

 

すると、インスリンの大部分は、肝臓で分解されることなく、全身へと送られます。

 

亜鉛タンパク質がインスリンを守ってくれるんですね。

 

 

けれども、亜鉛が不足していると、亜鉛タンパク質の分泌が少なくなってしまいます。

 

つまり、亜鉛タンパク質なしで、インスリンだけの分泌になっちゃうわけですね。

 


すると、肝臓で分解されるインスリンが多くなってしまうのです。

 

2型糖尿病の人は、肝臓で分解されるインスリンが多いそうですよ。

 

 

インスリンがないと糖を吸収できない…


インスリンが足りないと、血糖はからだに吸収されません。

 

その結果、血糖値が高くなるのです。

 


そして、血糖がたくさんあっても吸収することができないから、からだはもっと食べ物を欲しがります。

 

食べ過ぎていても、実は、栄養不足なんですね。

 

 

血糖値・中性脂肪訴求